30代、キャリアアップために転職エージェントを活用する

20代はやり直しがきく時期であり、未経験の分野にトライすることも許されますが、30代となるとそうはいきません。30代の転職はキャリアアップや年収アップのために行うものと思ってもよいでしょう。キャリアアップや年収アップにつながる仕事を探しているのであれば、ぜひ転職エージェントに登録されることをおすすめします。ここでは、30代の転職活動にありがちなエピソードを交えながら、転職エージェントを活用するメリットについてお伝えします。

同業界や職種で転職は伸び悩む?1歩上の職種を希望するのがマル。

30代の転職はキャリアアップや年収アップのためのものです。「20代で積み上げてきたキャリアをさらに伸ばすには、やはり同業界・職種で頑張るのが一番だ」と思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、これは30代の転職において陥りがちな落とし穴と言え、同業界・職種ではさほど大きな成長が見込めないことを覚悟しておく必要があります。現在の職場での人間関係に不満を抱いていない限り、同業界・職種の転職では最終的に満足のいく転職を成し遂げることは難しいと言ってもよいでしょう。

したがって、さらなる自己成長を図りたいと思っているのであれば、異業種・職種の転職を検討されることをおすすめします。具体的には、営業職からコンサルタントへ、医療事務から介護ヘルパーへ、それから業界規模で言えば流通業界からIT業界へ転職するケースが挙げられます。

例えば、営業職とコンサルタント職を混同させてしまっている人もいらっしゃるかもしれませんが、両者は似て非なるもの。まず、お客さんのニーズをキャッチし、適切な商品を提案していくのが営業職の仕事です。よって、コミュニケーション能力や課題解決能力、プレゼンテーション能力が強く求められています。一方、コンサルタントはお客さんが欲しているモノ・コトのみならず、まだ気づいていないモノ・コトへの気づきを促します。営業職に求められている能力に加え、論理的思考力や洞察力、さらには営業職以上にプロフェッショナル精神をもって取り組むことが必要とされています。営業職に比べ高い資質を備えている分、報酬面での待遇が良いようです。このようにひとつ上の職種へのキャリアアップならば、自分自身の成長と年収アップが見込めます。

これまで経験したことのない業界や職種に飛び込むとなると、その業界・職種に関する知識はほぼゼロの状態です。もし自分自身で情報を収集することに限界を感じているのであれば、転職エージェントに相談にのることを視野に入れるとよいでしょう。転職エージェントを通して、何か転職に纏わるヒントが得られかもしれません。ちなみに、転職エージェントにより同じ求人でも条件面が違う事もあるそうです。複数の転職エージェントに登録して、案件を比較して見るのが良いでしょう。

 

より高い役職を目指すならマネジメント関連の仕事へ

年齢を重ねると、自分よりも年下の社員が多くなります。前職では上司の指示のもと動いていたという人は多いかもしれませんが、これまで学んできた知識を糧に、今度は部下の教育に携わるのもよいでしょう。もしくは、会社の「人」ではなく、会社全体を統制する仕事に従事するのもアリです。社員にせよ、会社にせよ、マネジメントの仕事に携わるには、多くのことに目を向けなければならず、高い資質が求められています。これまで上司の指示のもとで仕事を進めてきたのであれば、マネジメント関連の仕事に携わることで、給与アップが見込まれます。

ただし、単にマネジメントの仕事に興味を持っているだけであれば、同じ会社で昇給するという選択肢も出てくるかもしれません。「なぜ他の会社に転職してまでマネジメントの仕事をしたいのか?」を明確にしておく必要があります。とは言え、転職をしてマネジメントの仕事に携わる理由が見つからないと言って、今の会社に居続ける必要はありません。少しでも他の会社に興味を持っているのであれば、転職に対する意欲が芽生えている証拠です。その場合、転職エージェントに相談を持ちかけ、「同じ会社で昇給すべきか?それとも他の会社に転職すべきか?」に関して白黒つけておくことが大切です。

 

今在籍している会社はもしやブラック企業?疑問を持っているならば転職を考えるべき。

世の中には「ブラック企業」と言って、労働量に見合った額の報酬が支払われない会社がごまんと存在します。毎日残業をしているにもかかわらず残業代が支払われなかったり、年収があまりにも低かったりする場合には、ブラック企業である可能性が高いです。とは言え、年収は業界や会社規模に応じてマチマチですので、年収が友人よりも低いからと言って、必ずしもブラック企業であるとは言い切れません。

「自分が在籍している会社がブラック企業であるかどうか?」を見極めるうえで重要な役割を果たしてくれるのが転職エージェントです。転職エージェントでは、あらゆる業界や会社の給料データを蓄積しており、業界における給料の水準をおおよそ把握することができます。さらに言うならば、複数の転職エージェントに登録して様々な意見を聞き比較して決めるのが良いでしょう。

転職エージェントであらゆる会社の給料データを閲覧した結果、自分の会社の給料が同業界の他社に比べ、著しく低いと判断したとしましょう。多少給料が少なくても、今のメンバーと一緒にキャリアを積み重ねることにやりがいを感じており、十分満足しているのであれば、転職をする必要は全くありません。問題なのは、給料の低さに不満を抱いている場合です。その場合、給料アップのために、他の会社に転職するのがベストな選択肢です。不平不満を言いながら会社に居続けても、ストレスが溜まる一方で、自分にとって何のメリットもありません。「前の会社の待遇が悪かった」という理由も明確な退職理由になりますので、ここは思い切って退社して、より待遇の良い会社に転職するのがよいでしょう。

一般に、40代や50代での転職は難しいと言われています。少しでも転職をお考えながら、30代である今がベストなタイミングです。仕事でかなり実績を積み重ねており、顧客からも良い評価を得ているのであれば、「能力に見合った給料を得ているのだろうか?」と疑問に思うのは当然です。あるいは、「現状の地位では飽き足りないから、さらに上の職種にトライして自分自身を磨き上げたい」とも思っている人もいらっしゃることでしょう。キャリアアップや年収アップに少しでも興味を持っているのであれば、一度転職エージェントへ足を運び、専任のキャリアコンサルタントの方と一緒に検討されることをおすすめします。


>>実力No1の転職エージェント「リクルートエージェント」

コンテンツ一覧