it系の転職にオススメの転職エージェント

IT業界も幅広く、エンジニアやプログラマだけでなく、営業や経理、バックオフィス、さまざまな分野があります。いずれにしても、itの転職は「専門職」「技術職」といった面があるだけに、なるべく、itに特化した転職エージェントを選ぶのが大切です。

 

it転職なら「タイプ」「type」が絶対にオススメ!

it関係の転職なら、まず最初に「タイプ」が挙げられます。他にも大手有名転職エージェントなど、it関連に強い所もありますが、なんといっても、タイプはitに特化して強いという評価があります。

・it専門チームがあり、it転職に特化している
→最初の面談もしっかりと時間をとり、it関連に詳しい担当者がヒアリングを行う。専門知識も豊富なので、it関連系の転職で、細かい希望条件を伝えた時にすぐに把握してもらえるメリットは大きい。


・エンジニア専門の転職エージェントがある
→「@type、エンジニアtype」など、it、エンジニアに特化している転職エージェント専門分野がある。


・ITとWEBに関する豊富な実績
もともとitとWEB関連に強く、その実績が豊富。


・年収アップに強く、it関連の転職で成功例が多い
→年収アップ率が高く、ピンキリと言われるエンジニア系列の職場の中でも「大手」「マネージメント」などリーダーシップがとれる地位での転職が可能。テストや単純作業のエンジニア業務から、より、自分で成果を感じられる職場への転職が叶う。

 

it転職「マイナビエージェント」は独自の求人が多いのがポイント

it関係の転職といえども、いろいろな分野があります。マイナビエージェントでは、業界別のコンサルタントが専任制で担当します。itでも、ソフト開発からマーケティング、ネットワーク系、プリセールス、サポート系、研究、品質、評価系など、幅広い分野での転職をサポートしてもらえます。

・非公開求人が多くある
→約8割が非公開求人で、it系でも高収入、好待遇の案件が多いのが特徴。高収入はSE、プログラマでは珍しくないが、好待遇は逆に難しい。残業が少なく、業務内容が納得のいく成果を感じられる「やりがいのある職場」を紹介してもられる。


・itエンジニア専門の転職エージェントがある
→it業界専門のキャリアコンサルタントが担当。それぞれの分野の細かいニーズに対応してくれます。専門的な知識があり、業界独自のニーズを的確に把握、条件や年収に対する交渉も熱心に行ってくれる。


・ベンチャーなど新しい領域にも強い
→it関連企業では、必ずしも大手や上場企業だけが魅力的な条件を持っているわけではありません。高収入もそうですが、自分の技術や知識を活かせる、成長企業への紹介も多数あり。


・転職する人が多い中で、ライバルから抜きん出るテクニックを伝授
→マイナビならではの強みとして、it関連では「転職する人が多い」=「良い求人にはライバルが多い」中で、書類選考や面接の対応として、実践的なアドバイスをくれます。内定の確率が非常に高いのが、マイナビエージェント、it関連転職の特徴です。

 

itの転職は「見た目の好条件だけに惑わされない」のが大切

it関連の転職では、常に「劣悪な職場環境(残業が多い、休日が少ない、単純作業の連続でスキルが全く身に付かないなど)の改善」と「年収アップ」が、条件になりやすいようです。

しかし、ここで特に考えて欲しいのが、「将来性」です。

itの専門的な職種、技術職となると、20代でもかなりの高年収求人も普通にあります。ただ、それはかなり過酷な職場である事も多く、また、いまだに「SEやプログラマは使い捨て」といったトラブルの原因となるような考え方をしている企業も実際にあります。

さらに、it企業といえども、営業があるからこそ事業が成り立ち、経理や人事もあります。ひと言で「IT企業の転職」と言えども、色々な選択肢があるわけです。

単純に、「今の年収より40万も高い」といったような、数字だけの判断は避けましょう。IT関連企業だからこそ、次に転職をしなくてもすむような「安定性」や、「将来性」、あるいは、昇給といった「みえない部分」で転職を決断するのが重要です。

職場環境や、企業の安定性、昇給、休暇日数などは、一般の転職情報誌や転職サイトだけでは、分かり得ない事も多くあります。転職エージェントなら、こうした詳細な内部情報もリサーチしてもらえます。itだからこそ、単純に数字で見るだけで判断するのではなく、自分自身のキャリアアップや将来性を見据えての転職をしましょう。

>>IT関連で人気の転職エージェント「type」

コンテンツ一覧