転職を成功させるなら、複数の転職エージェントに登録をして比較しよう

転職活動において、複数の媒体を利用するということは一般的です。たとえばリクナビネクストとマイナビ転職、それに加えてDODAやエン転職などが挙げられます。これら媒体はそれぞれに特色があったり、扱っている案件が少しずつ違ったり、はたまた、インターフェイスの違いから、使いやすさが違ったりしています。

それと同じように、転職エージェントを複数使いこなす方もいます。実はこれ、かなり大きなメリットがあります。実際に多くのエージェントを利用し、逆に採用担当も経験した私の経験をもとにそのメリットについてまとめていきましょう。

1.より幅広い求人に応募出来る
2.判断の客観性を高めること出来る
3.自己分析能力が磨かれ、プレゼンテーションに活かされる

1.より幅広い求人に応募出来る

転職エージェントに登録し、求人案件を紹介されて気づくことがあります。それは、意外と数が少ないということです。実際に一度に紹介される数は10-30といったところではないでしょうか。そこから小出しに何件かちらほら出てはきますが、最初に紹介された案件が最も魅力的なものが多いのは事実です。

実はエージェントはひとりで数十人、多いところだと200人といった膨大な転職希望者を担当しています。従って、紹介する案件を検索するといったことも限界があります。また、エージェントには各々「得意分野」があるものです。ITが強い、メーカーが強い、ロジスティクスが強い、とさまざまです。たまたまその得意分野がハマればいいですが、そうでない場合も多くあります。

しかしこれは、複数のエージェントに登録し、それぞれの案件を比較することで解決されます。

少なくとも3社程度の登録をおすすめします。どこに登録したかといって損になることは絶対にありませんが、各社登録の際には必ず面談をしなければいけません。(よほど優秀かエージェントが持っている特命案件が転職希望者にフィットする場合などは電話面談で済ます場合もあります)

違うエージェントでは、また違った案件の紹介を受けることが出来るでしょうし、より多くの案件を効率的に収集することは、より条件のよい転職先を見つける可能性を高めることが出来ると言えます。

 

2.判断の客観性を高めること出来る

ここまで転職エージェントの価値、意義について述べてきました。たしかにこれらのエージェントを使うことで大きな利益を得る事が出来るのは事実です。しかしながら、エージェントと言えども人間です。間違えもすれば、何かの理由でフィットしない案件を紹介する可能性もあります。

しかし転職の専門家であるエージェントに対し、転職希望者の多くは転職活動に対してあまりに無知です。それは、はじめて転職をした際の私にも当てはまることです。これらネガティブな可能性を解消するには、複数のエージェントに登録し、比較出来る客観性を磨いていくということしか方法がありません。

複数のエージェントに登録し、同時に話を聞いているとどれが本音で建前なのか、どれがよい案件でそうではないのか、といったことが経験則から比較できるようになります。こうして判断の客観性を高めることで、転職エージェントの間違いに気づき、自分にデメリットがある可能性を排除する一助になるというわけです。

 

3.自己分析能力が磨かれ、プレゼンテーションに活かされる

営業担当やマーケティング担当、経営企画など会社組織が営業をしていくためには実に多くの部署を必要とします。しかしどの部署も、会社の武器、強みについてはある程度のレベルの差異があれども理解しているはずです。営業担当者などはそれが顕著で、自社の製品を知らずして営業活動は出来ないというのは周知の事実です。

話はすこし変わりますが、転職活動というのは、会社が営業をしていく上で必要な部署のうちどの部署の活動に置き換えることが出来ると思いますか。営業でしょうか、マーケティングでしょうか、経理でしょうか、財務でしょうか。

私は実は「営業とマーケティング」だと考えています。転職活動というのは、自分という製品を出来るだけ高値で買ってもらうためのプレゼンテーションの連続なのです。

企業の製品については取扱説明書があり、製品研修会などもあるでしょう。他社の製品についても展示会などで目に入り、いよいよ自社製品の理解も深まっていくことでしょう。

しかし、転職活動中の売り物である自分自身というのは、案外理解出来ていないものです。それは私もそうですし、多くの人がそうなのです。

多くの転職エージェントに会うと、必ず聞かれることがあります。それは「あなたはどういう人なのか」ということです。もちろん聞き方はもっと具体的で、あなたが得意なことは、不得手なことは、自慢出来ることは、今までで一番の大きな失敗は?など列挙に暇がありません。

それらの回答を考え、自分自身の言葉にしていくことで、どんどんと自分の理解が深まります。そして、いざプレゼンテーションをする本番でそれらの積み重ねが効いてくるというわけです。

 

まとめると、複数の転職エージェントに登録するメリットは、

1.より幅広い求人に応募出来る。

2.判断の客観性を高め、比較することが出来る。

3.自己分析能力が磨かれ、プレゼンテーションに活かされる。

という3点です。

私は、あるものをひとつの見方で、手放しにほめるという人は信じられません。きっとどんなものにも善し悪しがあり、メリット・デメリットが存在しているから無料でサービスを享受出来たりしているのです。大事なことは、それを理解し、出来るだけデメリットを排除するということです。

転職エージェントの多くは面倒見のいい人です。しかし、間違いもありますし、時には何かの理由で不利益になる選択を目の前に差し出すかもしれません。そんな時、あなたは自分で判断出来る能力養っているべきです。

転職エージェントはたしかに有益です。効率的に転職活動が出来、より条件のよい転職を実現出来る可能性を上げることができるでしょう。だからこそ、あなた自身も様々なエージェントと会い、客観性を培い、より多くの可能性を比較し、素晴らしい転職先を見つけて欲しいと思います。

>>複数登録するならまずはここの転職エージェント

コンテンツ一覧