安定した大手転職サービス「マイナビエージェント」

マイナビ、と聞けば「高校生のときに利用した」方も多いのではないでしょうか。大学や専門学校の情報収集がいっぺんに出来る総合サイト「マイナビ進学」、新卒就職の際に参考にしたいサイトNo. 1「マイナビ」…40代以上の人なら「毎日コミュニケーションズ」という社名をご存知でしょう、これが現在発展したマイナビです。マイナビエージェントは、グループの中核組織なのです。

マイナビエージェントの特徴は「安定性」

・他のエージェントに比べ、「安定志向」の高い企業情報に強い。
・キャリアコンサルタントの転職率が低い。

マイナビエージェントは、マイナビグループの子会社ではなく、事業体のひとつです。そのため、転職をお手伝いする担当のキャリアコンサルタントも適性に応じて異動で配属されている人が多く見られます。20代、30代のキャリアコンサルタントは多いのですが、40年という歴史がある会社であって、日本企業の「年功序列」「人事制度」などに精通した古くからの企業に、圧倒的な強みを持っています。

キャリアコンサルタントの転職率が低いのは、大手エージェントの中では突出しています。応募者の空いている夜間にこまめにメールを送信してくれるなど、コンサルの勤務時間は長いのですが、ガツガツ「急かさない」ことから、応募者が焦らずに求人に向けて選択できる「間」を提示してくれることなど、非常に的を得たコンサルが多いのが特徴です。


マイナビエージェントが強い業種はどこか

・8割は非公開、この多くはマイナビ専用枠
・技術系企業、あるいはメーカーの技術系などに強いネットワークがある
・マイナビエージェントならではの「社内コミュニケーション」が、技術系の情報を深めている

売り上げ規模、エージェント業界第2位を占めており、クライアントである企業側の信頼感が高い。リクルートが「外資系」「積極経営」企業に強いこととは逆に、「従来からある伝統企業」「社内組織が安定し、技術者から希望の多い就職先企業」を多数契約しています。メーカーの技術職に強い理由は、メーカー技術者がマイナビに転職するケースが多いことから、企業情報そのものが集積してくる結果です。

IT企業、メーカー、非上場の基礎工業製品産業など、日本経済新聞に掲載されない情報を抑えています。また、最近多くなっているIT専門の中小エージェントが「派遣型」転職を掲載しているのとはまったく違い、正規雇用でその安定性がしっかりしたところに情報を持ってきています。

社内コミュニケーションの高さ、が企業の風土や福利制度、スキルアップ制度などの情報の共有につながっています。多くの求人応募者は「キャリアコンサルタント」との面談以前に、自分なりに企業情報をネット上で得てキャリア育成できるかどうか、現在のスキルで通用するかどうかを考えますが、技術系コンサルが多数在籍していることから、応募者の客観的評価が期待できます。

 

マイナビのキャリアコンサルタントの特徴は?

・キャリアコンサルタントは、応募者と面談して、的確な転職先を「仕入れ」て、提示する役割。
・マイナビのキャリアコンサルは「大手エージェント」ではあるが、厳しい営業ノルマがない。
・キャリアコンサルタント自体が「転職者」。その経験を生かしている。

マイナビのキャリアコンサルは、他者に比べて「求人」の仕入れが容易です。それは就職セミナーや企業合同セミナーなどを長年行っていて、培ってきたノウハウと信用、信頼関係が企業との間にあるからです。ただ、企業としても「マイナビ転職者」に一方的に期待しているのではありません。マイナビの中でも「売れっ子」コンサルには、特に大きな期待をかけてきますが、そうではないコンサルの場合は、なかなかクライアントである企業と、転職希望者のマッチングミスが多くなりがちです。

現在数百社が参入している転職斡旋業界。そこには、中小の専門エージェントが多く存在します。多くは「企業コンサルタント」や「企業M&A」を手がけており、純粋にキャリアコンサルだけで黒字になるエージェントは多くはありません。マイナビの場合は、キャリアコンサル一人ひとりが、異なる業界からの転職組であり、いわば「業界専門エージェント」が多く集まっているわけです。そのため、キャリアコンサルの持ってくる情報が「物足らない」場合は、チェンジすることも可能です。その自由度が、マイナビの利用のしやすさなのです。

キャリアコンサルが転職してきた理由は、業界を見渡した中で、自分がエンドユーザーに直接会えるというメリットが大きいことです。マイナビブランドの強さは、20代のキャリアコンサルが50代の上場企業の人事部長と会えたり、有力中小企業オーナーと直に話ができたり、と多くの経験を短期間に積んでいくわけです。これは、普通の企業人では数十年かかることを、わずか数年でやってのけるダイナミックさが、あります。マイナビやリクルートといったメジャープレーヤーでなければ、こうした待遇はありませんし、求人内容も詳細にわたるのです。

 

マイナビエージェントで、多くの転職者が成功している理由は?

数ある転職エージェントの中で、マイナビを選ぶ理由はなんでしょうか?それは、企業にとって人材をひとり採用することが、大変な「賭け」であることを、マイナビのキャリアコンサルがよく知っているからです。エージェントの中では、新卒でいきなりキャリアコンサルとして頑張る人たちがいますが、こうした場合、企業側は「ポテンシャル採用」しか紹介者を受け入れません。

「ポテンシャル採用」とは、20代までの新卒から2回目、3回目程度の転職歴のある人を採用することです。35歳までは、どの会社でも断られない…と考える人が多いのですが、実際にはそういうことはありません。断られる人はパターンが決まっています。それは、「採用させる力のあるエージェント」「企業から絶大の信頼を得ているキャリアコンサル」に担当してもらわなければ、難しい…という点です。

マイナビのサイトでは、写真付きでキャリアコンサルタントが掲載されています。もし、彼らの方が自分より年下だったとしても、助言やアドバイスを素直に受け入れられる人ならば、成功は約束されているでしょう。企業は無駄な時間にお金を払いません。だからこそ、実力のあるエージェントにはどんどん求人が集まってきます。まずは真っ先に登録したいエージェントの一つが、ここですね。


>>複数登録するならまずはマイナビ

コンテンツ一覧