安定した大手転職サービス「リクルートエージェント」

業界No. 1の紹介数、そして成功実績No. 1…全ての面で他者を寄せ付けないガリバーが、リクルートエージェントです。リクルートグループの中で、もっとも闊達で自由な雰囲気を持った企業「リクルートキャリア」は、年々サイト運営を変えて、常にリニューアルしながらマッチング事業を掘り起こしています。誰もが一度はリクルートの運営する様々なサイトに接しているはず。その実力を紹介しましょう。

リクルートエージェントの特徴は「求人内容の細かさと量がすごい」

・ポテンシャル採用から、キャリア採用に至るまで「求人の内容が濃い」。
・キャリアアドバイザーの質が高い。

ポテンシャル採用という言葉は「若手採用」の意味。20代のうちは新卒採用企業とのマッチングが良くなかった場合も、一旦水に流して転職でゼロキャリアから採用しよう…それがポテンシャル(可能性)採用です。これは、人手不足の業種だから広く採用しているわけではなく、むしろ企業内に空いている世代を埋めることで、バランスがよくなる採用を指すことが多くなっています。

一方で、キャリア採用は言葉通り、特別のスキルや実績に期待した採用方法です。キャリア採用はメーカーや商社、専門企業などでも幅広く行われており、特に独特な企業文化を育ててきた大企業でも増えてきました。そのため、新卒当時は夢だったメーカーに、転職で採用された…というケースも増えており、これらを支えているのが大手エージェントでも著名なリクルートエージェントなのです。

こうした様々な求人は、リクルート独自の情報収集がバックにあります。エージェント唯一と言われる「キャリアアドバイザー教育」(リクルートではコンサルを「アドバイザー」と呼ぶ)です。そのため、40代、50代のベテランアドバイザーが対応しており、どの企業のどの部門に強いのか、どういった事業のどういったキャリアを欲しいのか…というクライアント企業の細かな要求をしっかり把握して、転職応募者に面談しています。キャリアアドバイザーは、全て業種のスペシャリストであり、高い企業情報力を備えています。

リクルートエージェントに、転職マネジメントをしてもらうメリットは何か

・登録すると自分専用のサイトを受け取り、転職への道標が確認できる。
・非公開案件が90%!日本経済新聞も知らない企業情報を抱えている。

リクルートエージェントのサイトに登録し、実際に日々企業採用情報が送られてくると、その「内容」に驚かされます。日々の履歴が確認でき、自分が転職モードになっているのか、どの程度の気持ちで転職に望もうとしているのが理解できるのです。例えば、ネットで企業イメージだけをインプットしてしまい、肝心のIR(財務関連情報)を疎かにしている応募者が多いのですが、そういう点も自分専用のページで再確認できます。

また、リクルートグループ独自の視点による企業内容情報は、膨大な量と高いレベルを誇ります。ですから、非公開情報が求人案件の90%というのも頷けます。非公開にしている理由は、ライバル社に今後の事業展開を知られたくないこと、あるいは社内でも秘匿情報になっているケースが多いからです。リクルートエージェントはこうした企業の内部情報を外に漏らさないコンプライアンスがしっかりしているのも、転職者には大変有利だといえます。

 

リクルートエージェントならではの、キャリアアドバイザーの仕事ぶりとは

・握手で始まり、握手で終わる「親身なコンサルタント」。
・キャリアチェンジも積極的に提示する。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴は「プロ意識の高さ」です。驚かれるかもしれませんが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの中には過去何人も「独立」した人がいるほどです。その中には「医療業界専門エージェント」を起こした人、あるいは「企業コンサルタント事務所」を立ち上げた人も。つまり、この業界で一流と言われるだけあって、企業訪問の仕方から、アポイントメントの取り方、人事担当者だけでなく、求人事業部のキーマンとの接触など、全ての面でプロが対応してくれます。

ですが、意外にもマニュアルがあるのではなく、リクルート独自の個別指導がアドバイザーを育てています。そのため、転職希望者との面談でも、「本当に今転職したいのか」「キャリアチェンジの可能性は」などと、核心を付く質問がポンポン飛び出してきます。そして、握手や丁寧な言葉遣いが印象的なアドバイザーが多いのも大きな特徴です。

転職したい、自分のキャリアを活かしたい…そういう人たちは最初から「転職ポテンシャル」の高い人たちと言えます。問題は、希望する業種や業界では通用しないキャリアだが、別の業界では大変重宝されるキャリアである場合の応募者への対応能力です。例えば、他社エージェントでは「残念ながら…」で済まされる場合も、リクルートの場合は「こういう業界ではいかがでしょうか」と指南してくれます。その際、キャリアチェンジの意向があるか聞いてきますが、その際に候補者をより「盛り付ける」紹介状を作成できるかが、アドバイザーの腕の見せ所です。要は、リクルートクラスになると、知らず知らずのうちに候補者が「求人企業に合わせる」ような顔を作ってくれるのです。

 

3人、5人と「事業部」ごと転職させてしまう力もある

転職業界の中でリクルートエージェントは非常に「横のつながり」が強いエージェントです。社内も自由闊達な雰囲気で、営業職は個性的なアドバイザーばかりです。そのため、中には転職者をまとめて連れて行ってしまう荒技も行います。それは、創業間もない企業には願ってもない力となります。

リクルートグループは常に新しい事業部を創造し続けています。ですから、転職もIT、企業法専門家、特許専門、エンジニアも使えるソフトの機種別にしっかりと、業界を提示してきます。特に、アウトソーシングを行っている大企業の設計を受け持つ専門企業や、外資系企業のエグゼクティブ求人、生損保や投資関連などの金融専門業など、リクルートが関わらない企業はありません、

ですから、エージェントとしては「手ごわい」印象があるかもしれませんが、転職候補者が「成功したい」という実感をぶつけられれば、キャリアアドバイザーは成果を取りに熱く走ってくれます。怖いものはなにもありません。誰もが「最後はリクルートエージェントで決まりだった…」と口にするのは、当たり前なのです。ぜひチャレンジして転職の成功を勝ち取りましょう。


>>実力No1の転職エージェント「リクルートエージェント」

コンテンツ一覧