転職サイトと転職エージェントを比較、それぞれの違いとは?

いざ転職をしようというとき、一体どういう方法を思いつきますか?リクナビネクストやマイナビ転職でしょうか。実は今、転職エージェントに登録をして転職を成功させる人が増えています。転職エージェントには転職サイトに登録するだけでは得られないものがいくつもあるのです。

今回は、転職サイトと転職エージェントの違いについて比較していきましょう。

1.システムの違い
2.エージェントによるプッシュで点数アップ
3.不採用・・でも「なぜ」なのかがわかる

1.システムの違いを比較

まず、転職サイトと転職エージェントの決定的な違いは、転職活動をひとりでやるか、専門家とやるかという点です。転職エージェントの多くはすでにいくつもの転職案件に対応し、多くの転職希望者と求人企業の架橋になってきたことでしょう。その中で、転職希望者には知りえない情報や知見が蓄積されているはずです。この点は比較して見ても転職エージェントの大きなメリットと言えるでしょう。

たとえば職務経歴書1枚にしてみても、専門家に添削してもらったものと、そうでないものにははっきりとした違いがあります。これはどれだけ現在まで仕事の上でパフォーマンスを発揮してきたエース級の方であっても当てはまることです。たとえると、東大医学部に一発合格するほど頭のいい人であっても、なんの勉強もしないで自動車免許を取得することは出来ないといったところでしょうか。

2.エージェントによるプッシュで点数アップ

転職エージェントは企業にとって、外部に置いている人事部、とりわけ中途採用専門の人員といった位置づけになるかと思います。エージェントとは自分たちのほしい人材を常に探し、最高の状態で面接の場に連れてくる便利なデバイスなのです。 しかし、これは言い換えると、企業の人事部から絶大な信頼と情報の共有を得ているとも言えます。

もしも、エージェント経由のAさんと、一般応募のBさんが拮抗したとします。やらしい話、エージェント経由のAさんを採用すると、エージェントにいくらかの手数料を払わなければいけないので、一般的にはBさんが採用されると思われます。

ただし、それはエージェントが何も口を挟まないという場合であって、同時にそんなことは絶対にありえません。企業の人事部は採用で行き詰まったとき、それとなくエージェントに暗示するでしょう。また、エージェントも実に密接に企業の人事部と関係性を構築している場合が多いため、そういった情報を常にアンテナを張り巡らせて感じ取っています。

こうなると、転職エージェントはなんとしてでも自分が推薦しているAさんの加点を試みます。一方のBさんは、減点されることはあってもこれ以上加点されることはありません。当然公平に裁定されたであろう結果を、ただ素直に待つことしか出来ません。

ここまででもうお分かりかと思いますが、当然Aさんの方が有利なわけです。企業にとって採用コストというのはもとから非常に大きく、エージェントに手数料を払おうが払うまいが、それほど大きな違いはないのです。

さらにせこい話ですが、中堅、大企業の人事部となると、採用責任をなるべく避けようとする人が多いのも事実です。こういった拮抗した場面で、とくによく知らないBさんをその後Bさんが辞退する、もしくは入社してもうまくパフォーマンスをあげない、悪い場合はそのまま辞めてしまう、こんな事態の責任をとってでも推薦する!という人は当然いないはずです。

現実的な内容ばかりなので、すこし嫌な話かもしれませんが、実際こういった力学が働いて、転職エージェント経由のプッシュが大きく有利に働いているのです。転職サイトと比較した時に転職エージェントをお勧めする一番の理由はここにあります。


3.不採用・・でも「なぜ」なのかがわかる

書類選考を通過し、面接を何度も受け、いよいよ本丸!面接の内容も手応えアリ!なのに不採用。こんなことありませんか?実はこれ、本当によくあることなんです。実際の理由はさまざまなんですが、概ね上記のケースだと、現場レベルの採用担当者や人事部担当者レベルは経歴や仕事力でOKを出したが、役員レベルの好き嫌いで不採用になった、というものじゃないでしょうか。

でも、現実にはなぜ不採用になったかなんて分からないものです。おそらく問い合わせても「採用活動の内容についてはお答え出来ません」一辺倒でしょう。こうなると、自分が悪かったところ、失敗したところが把握できず、また同じ間違いを犯す可能性があります。要は、フィードバックがなければ改善が出来ないということです。

転職サイト経由で面接を受け、このように不採用だった場合、すべて推測の中でフィードバックを考えなければいけません。そしてそれらが正しいフィードバックなのかどうかは決して誰にもわかりません。

しかしながら、転職エージェントは上述した通り、企業の外部人事部的役割を担っている場合が多く、従って採用可否の理由について把握している場合がほとんどです。

すべての人とは言いませんが、多くの人は失敗した場合、その理由を知ることで改善し、また気持ちを持ち直すことが出来ます。それは採用担当の経験がある私も同じことです。

このようにエージェントからフィードバックを貰えるということは転職活動中の不安定な気持ちを安定させ、次への活力になることも少なくないのです。

 

まとめると、転職サイト経由の応募と転職エージェント経由の応募には大きく3点の違いがあります。

1.転職の「専門家」と一緒に活動が出来る。

2.エージェントからのプッシュによる加点が見込める。

3.不採用の理由もはっきりと把握出出来、次につながる。といったものです。

もちろん、転職エージェントのみで活動を行うのではなく、自分でも時間があるときに転職サイトの案件を見たりして、どんな募集があるのかを見て情報を仕入れておくこともプラスになるでしょう。ただ、この二つの転職方法を比較した時により有利なのは転職エージェントになるでしょう。

またいつも転職エージェントが正しいということもありえません。結局は人ですから、確実に公平で客観的な見方というのは出来ないものです。最も大事なことは、転職エージェントは転職を円滑に行うためのデバイスであり、それを活用するのは自分だという意識を忘れないことです。そうすれば、エージェントはあなたにとって力強い味方になり得ることでしょう。

>>お勧めの転職エージェント一覧

コンテンツ一覧